家族の足の見守り

ご家族の足の見守りをいたします。

普段なかなか向き合えないご家族の足。

  • 爪切りが大変
  • 足の皮膚が乾燥している
  • 足指が固い

などのご家族の足について日頃から気になっていることはありませんか。
足は心とからだの状態を映す鏡のようなものです。足指・爪のケアについて改めて考えてみませんか?

 介護予防フットケア(高齢者の爪切りと保湿)

施設やご家庭へ出向いて足指のケアをおこないます。

主なサービス 爪切り、保湿ケア、ストレッチ

足指・爪のケアは、高齢になっても重要で、ケアが行き届かなくなったり、間違ったケアを行っていると、爪の変形や感染症の発生の原因になったりします。
(1)歩行時の痛みによる歩行の躊躇から歩かなくなる。
(2)歩行時・起立時の重心の偏りによる転倒事故や足・腰関節の障害の発生等の弊害を生ずることがある。
このような事態を未然に防止するために、足指・爪のケアが重要だと言われてきました。

高齢になると、全身が乾燥していくように爪もまた乾燥していきます。乾燥すると爪は硬く、厚くなります。
また新陳代謝が悪くなるので、爪もあまり伸びなくなりますが、伸びないからといって切らないで放っておくとさらに切りにくくなり、割れやすくなります。

高齢になると立ったり歩いたりするとき、足指がすべて地面に着いた状態が正常なのですが、指が地面に着かなくなるのです。
特に小指の爪はもともと小さいものですが、切り過ぎてだんだんなくなってしまうこともよくあります。すると完全に小指は地面に着かなくなります。
また爪が厚くなることで、足に力を入れにくくなったり、靴にあたって痛みが出たりする場合もあります。これらの症状が悪化すると、歩行が困難になり、転倒の危険も大きくなってきます。

寝たきりの高齢者の場合 足指のケアが行き届かなくなると爪の変形や感染症原因になります。

足や指をケアすることでで心身のリラクゼーション効果も

心身のリラクゼーション
生きるために重要な役割をしている「足」に触れることでその人の「心」に触れ、その人らしさを取り戻すことができます。
定期的なフットケア(爪切り、保湿ケア、ストレッチ)をおこない足を清潔に保ちましょう。

 
 

マタニティーフットケア(妊婦さんの爪切りリフレッシュ)

足のお手入れとむくみケアでリフレッシュ

ninputume妊娠中は体重の増加に伴う体系の変化だけではなく足も変化する場合があり、靴のサイズも変わることが多くあります。おなかが大きくなると歩行姿勢も独特になっていきますので足への負担は大きく巻き爪やタコ・魚の目などのトラブルになりやすく
足もパンパンにむくんでしまいます。
特に妊娠後期の大きなおなかでは足の爪切りはとても大変です。
爪切りはプロにお任せください。
足裏からひざ下までやさしいリンパドレナージュで、スッキリ
赤ちゃんとの出会いが待ち遠しい嬉しい気持と、出産の不安な気持に
とても不安定になりやすくとてもデリケートな時期です。
マタニティフットケアコースで足のお手入れとむくみケアでリフレッシュしてください。

注意事項
お願い
ご予約の注意事項
施術は妊娠6か月~9か月の方を対象とさせていただいております
。
ご予約前に、担当医にフットケアを受けて大丈夫かの確認をお願いします。